「#machitter で宮崎県を支援しよう! 全国一斉BBQ大会 in 東京」というイベントに行ってきました。
「全国一斉に 宮崎県の特産物を主体にした BBQ を開催します。宮崎のモノを美味しく食べて、宮崎を応援しましょう!(参加募集ページから引用)」という感じで、全国の各会場で一斉にBBQ大会が催されました。
#machitter の主催です。

東京だけは、六本木「豚組 しゃぶ庵」さんのご好意で、お店を貸しきっての食事会となり、そちらに参加させていただきました。


■豚組とは
恐らく、Twitter上で一番と言ってもいいくらい有名な飲食店。
六本木と西麻布に、豚肉料理のお店を展開していらっしゃいます。
社長の中村さん(@hitoshi)は、今月下旬に「小さなお店のツイッター繁盛論」という本を出版されます。

来週、この本の出版前夜祭があってそちらにも参加するので、
@hitoshi さんと豚組について詳しくはそのときに書きます。
ビジネスでTwitter活用というと堅苦しいイメージがありますが、
@hitoshi さんはとても楽しくて気さくで素敵で魅力的な方です!
アイコンのイメージそのまま!大好きです!(笑)


閑話休題。
豚組は、六本木周辺では珍しい、大箱のお店です。
いくつかの個室と、テーブル席のある大ホールで構成されているのですが、今回はそちらの大ホールを使用したイベントでした。
最終的に参加者は5-60人くらいだったはず。かなり大規模。

お料理食べ放題・お酒飲み放題。
お料理は、メインの豚しゃぶプラス、ホールの中央にビュッフェ形式でいろいろなものが置いてありました。
お酒も、普通の飲み放題的なメニューの他に、宮崎の焼酎や、オリオンやハイネケンなどの瓶ビール、私の大好きなウィルキンソンの辛口ジンジャーエールなど種類が豊富です。

100614buta

豚しゃぶのお肉は、宮崎県永田種豚場の「南の島豚」という銘柄。
ニュースでは「牛」ばかりが注目されていますが、口蹄疫はその名の通り、蹄のある動物全てに感染します。もちろん、豚にもその影響はあるわけです。
こちら、最後の在庫だそうです。以前からずっとお付き合いのあるところだったらしく、最後の在庫をいただけたとか。
もうあと3年は見られないらしいです・・・。

甘みが強く、とてもコクのある大変おいしい豚肉でした。
とんかつも食べてみたいよ!!
3年後に復活したら、西麻布へ食べに行かなきゃ!

100614usi

そしてそして、まさかの牛肉が登場です。
まさか豚組で牛しゃぶを食べることになるとは・・・。

こちらもやはり、宮崎牛です。
きれいにサシの入った、とてもおいしいお肉でした。


中央のビュッフェコーナーには様々なお料理が。

鶏肉も

100614tori

豚肉も

100614buta2

野菜も

100614yasai

すべて宮崎産です。

100614etc

今回の口蹄疫の影響は計り知れなくて、
畜産だけでなく、農産物のほうにも影響が出ているらしいです。
結局、感染拡大が怖いので「宮崎の物なんか買えるか!」的な。
その風評被害がやはり一番大きいようです。
精神的にも厳しいですよね、これは・・・。
他に観光関係にも大きな影響が出ているらしいです。

無闇な渡航が感染を拡大させる。
かといって、一切遮断してしまうのもダメージを与えることになる。
この辺をうまく、やっていけたらいいのだろうけど、難しいよね・・・。
やっぱりそういうところは、国にどうにかしてもらうしかないんだろうね。
地方だけじゃどうしようもない。
私はこのおいしいトマトをもっと食べたいので、
上の人がんばってよ!期待してないけど!


まあ、そんな感じで。
基本、飲んで食べて宮崎を応援しよう!というコンセプトなので、楽しい雰囲気の会でした。

でも、入場時に口蹄疫に関しての資料を渡されたり、途中で埼玉の畜産農家の方のお話があったり、宮崎からのtwitcast中継があったり、飛び入りで宮崎シーガイアの広報さんのお話があったり、締めるところはきちんと締めたイベントでした。

畜産農家の方の話で泣きそうになった。
安い同情はするつもりないけど、そんなレベルじゃなく、心にぐさぐさ突き刺さる何かがあった。


結局楽しんでるくせになに言ってるんだって思われるかもしれない。
こういうイベントに参加することだって、偽善者アピールでしょ?と言われればそれまで。

自分に関して、あくまでも自分に関して、100%善意かって言ったら断言はできないよ。
おいしいもの食べてたのしい思いして、行ってきました寄付してきましたってTwitterやブログで書いてるんだから。
善意はもちろんあるけれど、その善意が100%だと言ったらそれは嘘だと思う。
私はそんなきれいな人間じゃない。

でも、私は結局のところ、裏になにがあったって、寄付したお金が現場へきちんと行くのならば、動機なんてなんだっていいじゃんと思っている。
赤い羽根募金の箱にお金を入れる動機が「帽子に刺す羽根が欲しいから」でも「箱持ってるお兄さんが好みだったから」でも、結果的にその100円はなにかの役に立つんだから、それでいいじゃない。

今回のこのイベント自体も、やはり売名行為じゃないかとか、
いろいろ言われていたらしいです。
私はそうだとは全然まったくこれっぽっちも思っていないけど、でも、もしそうだったとしても「それでなんかだめなの?」と言うと思う。
お金がちゃんと全部現地へ行って、何かの役に立つなら売名でもなんでもいいじゃん。
そこでズルして自分の懐に入れるようなことしてたら、ちゃんと怒りますけどね(笑)
だから、イベントごとにのっかるにしても、ちゃんと相手は選んでいるつもり。


ちなみに今回、参加費5000円で食べ放題・飲み放題でした。

お料理もお酒も手は抜いていないので、正直このクオリティ食べ飲み放題で5000円でも安いんですが・・・。
なんと今回は、人件費や原価など一切引かずに売上げそのまま全額寄付とのこと!
会場では驚きのどよめきが起こっていましたが、正直私は「やっぱりやるよねー!」と思ったくらいで驚きはしなかったです。

豚組が繁盛しているからとかそういう意味ではなく。
実際、@hitoshi さんも「ウチとしてはかなり勇気のいる決断だった」とおっしゃっているし、おばかな私でもそう思いますよ。
企業の使命は利潤追求ですから。
でも、それでも、@hitoshi さんならやるだろうなと思っていました。

普段TLで発言を見てて、たまに送った@に返事をいただいたりする程度の関係で、お会いしたのもこの日が3度目ですが、なぜか妙な「信頼」があるのです。
とても一方的なものだけど、この人にまかせておけば大丈夫!と思っています。
だから、その姿勢に共感して、信頼した上で、私の大切なお金を預けに行ったのです。

参加費の他に、募金箱が設置されていたので、そちらにも少し入れてきました。
現地のみなさんのお役に立てることを祈ります。


宮崎に遊びにいきたいよー!九州旅行したいよー!

あ、ちなみに、豚組さんでは、今回のようなしゃぶしゃぶ+お料理食べ放題+ビール中心飲み放題を「豚組ビアホール」と題して夏季限定で3800円でやってます。
GWに行われたテスト営業に行って来たんですけど、今回とほぼ変わらぬラインナップで3800円は超お得ですよ!
あ、ビュッフェ料理の写真は上にのってるのごくごく一部ですから念のため!
インテリアとかもとても素敵なお店なので、ぜひぜひ行ってみてください!