「名前」のことを考え出すと、いつも、森博嗣の「幻惑と死の使途 - Illusion Acts Like Magic」を思い出す。
あのラストは、私にはとても切なかった。

まだ二回目なので、自己紹介フェーズで行きます。
しばらく面白味はありませんが、御容赦を。続きを読む