「名前」のことを考え出すと、いつも、森博嗣の「幻惑と死の使途 - Illusion Acts Like Magic」を思い出す。
あのラストは、私にはとても切なかった。

まだ二回目なので、自己紹介フェーズで行きます。
しばらく面白味はありませんが、御容赦を。
前回の日記でも自己紹介させていただいた通り、私は、
浅葱碧と書いて「あさぎあお」と名乗っています。
これはもちろん、本名ではありません。
ニックネームとも違う、ハンドルネームというやつです。

もちろん自分でつけました。
名前の由来は、好きな色が「青」だから。
色名で青系統の物から、好きな漢字を選んで充てました。
どちらかというと緑寄りですが、まあいい。
とても気に入っています。

私がネットで活動を始めたころ、今から10年くらい前は、ネット上で本名を明かすのは御法度、みたいな雰囲気がありました。
匿名、ハンドルネームで当たり前。
写真を出すなんてもってのほか。

うっかりそんなことをしてしまうと、ネットで交流のある周囲の大人から、こぞって注意されたりしました。

今思うと、なんでだろうという気もしますが。
まだ狭い世界だったからかな。


時は流れて。
今はみんな、普通に名前も顔も出していますね。

私も今となっては「ネットで名前を出すなんて!」という考えはないので、本名を出そうかと考えることもありました。

特に最近は、いろんな人となにか面白いことをやってみたいという、漠然とした目的があるので。そのためにも、顔と名前を明かすことは、あるひとつの信頼や判断のきっかけになるんじゃないかと。

あと、最近正直、オフ会ですら名乗るのが恥ずかしい!

みんなハンドルとかIDを名乗るオフならばいいんだけど、IDが本名で会社の名刺交換アリなオフ会だったりするともうね!場違い感満載で、目は泳ぎ変な汗出ます。生きててごめんなさいとか思う(笑)


でもなぁ。

もう10年もこの名前を使ってしまっているので、今更名前を変えることに、抵抗があるんです。

抵抗だけじゃなく。
これだけ長く使って、ちまちまとでもいろんなことをやっていると、こっちの名前の方が、ほんのちょっぴりわずかですがネー ムバリューがあったりするのです。それが今後に繋がるネームバリューなのかというと疑問ですが!

でも、懐かしい人に再会するきっかけには確実になっている。

後は、この名前変えるといろいろめんどい。
Twitter関係だと、IDと名前ダブルで名乗らなきゃいけないし。既にこの名前で覚えて頂いてる方には、覚え直してもらわなければいけない。

とかいろいろ考えると、このままでいいかなと、思うわけです!


しかし、こうも頑なにハンドルネームを名乗っていると、本名がそんなに嫌なのか?と誤解を受けそう。

本名はとてもとても大好きです。
苗字こそありきたりですが、下の名前はちょっとだけ珍しい漢字の組み合わせで、お気に入り。
祖父のつけてくれた素敵な名前。
私の数少ない自慢のひとつ!

だけどこの名前、呼んでくれる人が全然いないのです。

友達はみんな、ネットがきっかけの人ばかりなので「あさぎさん」とか「ねぎ」って呼んでくれます。あ、最近「あおさん」って呼ばれてちょっと嬉し恥ずかしい。
前のバイト先とか、たまに行ってたバー繋がりの人は「キング」って呼ぶし。

会社の人は苗字だね。
何人か、本名の頭文字からのニックネームで呼んでくれる人がいる。
釣りバカ日誌のすーさん的な感じで。
これはちょっと嬉しい。

でも、下の名前をストレートに呼んでくれる人って本当に全くいない。
長女なもんで、親兄弟は「おねえちゃん」だ。
こういう呼び方してる親御さんがもしいらっしゃったら、名前で呼んであげて欲しい。
それは名前じゃなくてポジションだから!

結局は名前なんて、その人がその人であることの識別子でしかない。とか言っちゃう。そう思うけど、一方でそれは寂しいと思う自分もいる。


決して本名以外で呼んでくれる人をないがしろにするわけじゃないんだけど、逆に、本名は「特別な誰かだけが呼んでくれる特別な名前」に しておくのもいいんじゃないかなんて、ちょっと考えていたりもするんだよね。

そうだな、そうしよう。
今度から本名訊かれても「秘密です」って言う!

とまあ、こんな私の夢見がちで子供っぽくて、おまけに痛々しくてオタクっぽいなんてキャラまできちんと表してくれる、本当にぴったりなハンドルネームだと思うわけですよ。浅葱碧って。

これからも私は、冷や汗かきながらもこの名前を名乗り続けます。
もしお会いする機会でもあれば、苦笑して、「ああ、あの人かw」とでも思っていただけたなら幸い!


■次回予告
「なう!」がもたらす素敵な何か(仮題)
私とラジオ

一番上は正直、書くのに時間がかかるので、早く帰れた日に書きたい。